打面が木でできた新世代の太鼓

 ようこそ、亀甲太鼓製作所「白万床工房」へ

 

 弊社ではもともと、保育園や幼稚園向けに木製のフォレストドラムというものを製作していました。
フォレストドラムとは、四角い箱状の筒の上面に薄い木の打面を貼り付けて、マレットで叩くという打楽器ですが、打面が薄いため強くたたくと割れるというリスクがありました。
そのリスクを解決するために貼り付けの工夫や、より粘りのある木材を使用するなど試行錯誤を繰り返し、強くたたいても割れない木の打面を製作することに成功しました。(実用新案登録済み)

 

 そしてそのノウハウを生かし、本格的な太鼓を製作してみようと思い立ち、今に至ります。
試作品を地元の和太鼓演奏グループの方たちに叩いていただきましたが
 「本物の繰り抜き太鼓にくらべれば音質はすこしちがいますが、木ならではの 温かみのある心地よい音がでて、十分、和太鼓演奏ができます。

それに、撥の先がマレットのように硬めのゴムボールでできていて叩いた時の反発の具合がいいので、手首にやさしくて、叩きやすいことも魅力の一つですね。」
と評価をいただきました。

 

 気軽に太鼓を楽しみたいのだけれど本物の和太鼓は高価でなかなか手が出ない、
安いけれど外国製ではメンテナンスや品質が心配、という方におススメな商品です。

代表取締役 古田 和良